キレイに捺印するコツ

キレイに捺印イメージ

印鑑を押す時、かすれてしまって、きれいな印影にならないことがあるでしょう。

ご存知の方もいるかもしれませんが、ある方法を使うと、印鑑をきれいに押すことができます。

一番いいのは、印鑑マットを置いて押すことがいいのでしょうが、家に置いてある人というのは、少ないでしょう。

そこで、どの家にもあることが多い、割り箸が入っている箸袋を使って印鑑を押すと、きれいに押せるのです。

まず、印鑑を押す用紙の下に、箸袋を敷いておきます。
この時、箸袋が印鑑を押す用紙より、少しはみ出ていることと、印鑑を押す部分の真下に置いてあることが大事です。

そして、そのまま印鑑を押し付け、箸袋をスっと引くと、きれいに押せていることでしょう。

しかし、印鑑を押す紙がずれてしまうと、きれいに押すことができなくなってしまうので、紙をおさえながら、箸袋を引くことポイントとなります。

では、なぜこの方法できれいに押すことができるのでしょうか。

印鑑を押す力と、机から押し上げる力が働きますが、印鑑には小さな溝があるため、その小さなところにまで力が加わらず、かすれる原因になってしまうのです。

そして、箸袋を敷いて引っ張る事により、移動する力が新たに加わるため、今まで力が行き届かなかった場所にまで、加わるようになります。

その結果、全てに印鑑を押す力が加わり、かすれることなくきれいに押すことができるのです。

大事な書類や、失敗できないものに押す時には、この方法でやってみるといいかもしれません。

今は100円ショップで印鑑を押すときに便利なグッズが売っているので、買っておくのもいいかもしれません。

~ 話題のサイト情報 ~

〔住まいの表情を豊かにする表札〕

暮らしをデザインする表札の専門店 表札館

こだわりの住まいを彩るスタイリッシュな丸三タカギ製の表札を最短翌日出荷、低価格にて全国へお届けします。

ページの先頭へ